浦賀で味わう上喜撰 日本茶専門店茶井(ちゃい)

JUGEMテーマ:グルメ



江戸時代の狂歌に唄われた黒船。


「泰平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で夜も寝られず」


ペリー提督率いる黒船の蒸気船と上喜撰の韻をふんだ歌。


その有名な上喜撰が飲めるお店が浦賀にはあります。


京急浦賀駅から徒歩1分。


横断歩道を渡って、緑色の「茶のり」看板が目印です。


日本茶専門店茶井(ちゃい)さん。


スゴイ知識をもった日本茶インストラクターのいるお店です。



メニューを見ていると上喜撰の文字が!


スカレー「上喜撰が飲めるんですか?」


ご主人「はい。飲めますよ」


スカレー「上喜撰ってどこのお茶なんですか?」


ご主人「これは浦賀のお茶なんですよ」


スカレー「っえ!?」



上喜撰はかなり興味深い話。


なので、興味がある人は自分でご主人に聞いてください。


ぼくはお腹が空いたので、わかめ茶漬けを注文。


浦賀わかめ、玄米あられ、掛川深蒸し茶、ご飯で作られてます。


さらさらっとお腹を軽く満たしてくれます。



時間は3時近かったのでそのままデザートも。


カリッとふわっとしたワッフルに、お茶のソース。


抹茶風味のソースとハチミツの絶妙な味わい。


甘そうに見えるけど、ほどほどの甘みがグッド。


メニューを見るとまだまだ食べたくなるものを発見!



ぼくの断然おすすめ絶対飲んでねメニューNo1


浦賀茶井さんの「アイス抹茶フラペチーノ」


ストローから抹茶フラペチーノが口の中に流れた時に


めちゃくちゃ目を見開きました。


うぅ、うんまい。


まじ。



ご主人とはお茶のヨモヤ話をしました。


黄色のお茶の話や、淡路島の酸っぱいお茶の話。


全国に広がるお茶の飲み方や、四国に残るお茶文化。


昔の市民が飲んでいたお茶のこととか


ご主人「江戸時代の人はこんなお茶を飲んでいたんですよ」


スカレー「ほうじ茶みたいですね」



ご主人「これは、あかね晩茶といいまして」


別名があかちゃんばんちゃ。


お茶の葉っぱや枝をそのままムシって乾燥。


ただそれだけ。


なので、お茶っ葉の中に細い枝も入ってます。


今のお茶の作り方からしたらかなりワイルド。


でも、味はワイルドじゃないし、熱湯で淹れてもOK!


茶井さんてお茶も美味しいし、デザートも豊富なんだ。


浦賀に来たくなっちゃった人は:日本茶専門店 茶井


浦賀駅から観音崎まではバスで15分:観音崎までちょっと小旅行。

----------------- 

京急横須賀中央駅から歩いて2分
横須賀ランチはやっぱり「よこすか海軍カレー」
 よこすか海軍カレーレストラン・横須賀土産・物産販売
 
横須賀海軍カレー本舗のホームページはこちらです! 

 
スカレーは京急とカレーが大好きです。 
@sucurry


浦賀カフェMAP


おりょうと竜馬の愛したカスティラ:精栄軒


暖炉のあるワインが飲めるカフェ:Cafe and Wine MIYAMASA


イギリス式のサンルームでティータイム:TEA SALOON ACANTUS


海を見ながら珈琲飲めるハード系パンの店:ワンこぱん


浦賀の渡し(東浦賀)のすぐそばにある:カフェ時舟


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM